学生服・女子高生(JK)のプロンプト・呪文一覧【StableDiffusion】

学生服 プロンプト

今回は、学生服などの『学校のシーンで使いやすいプロンプト』をご紹介します。

基礎知識と共にお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

学生服を生成する際の基礎知識

これからご紹介するプロンプトは、基本的に『school uniform』や、『Classroom』『high School』などのプロンプトと一緒に活用してみてください。

また、使用するモデルによって、ベースとなる制服のニュアンスが異なるかと思います。

今回のサンプルはBRA系を使用しておりますが、勿論他のモデルや、アニメ系にも応用が効くと思うので、色々試してみてください。

代表的な学生服のプロンプト

行の説明 行の説明
Short sleeve 半袖シャツ
Long sleeve 長袖シャツ
Polo shirt ポロシャツ
Jacket ジャケット
Cardigan カーディガン
V neck sweater Vネックセーター
Varsity Jacket スタジャン
Tracksuit ジャージ
Sailor suit セーラー服
High socks ハイソックス
Loafers ローファ

それぞれの特徴などについて、詳しくみていきましょう。

Short sleeve – 半袖シャツ

学生服 プロンプト

夏の学生服を再現したいときにおすすめです。

前述した通り『school uniform, short sleeve』のように指定してみてください。

半袖シャツが高確率で生成されます。

リボンやジャケットなどが不要な場合は、ネガティブプロンプトに追加するなどすると精度が高まります。特に指定をしない場合は、勝手にネクタイやリボンを生成してくれる可能性が高いです。

Long sleeve – 長袖シャツ

学生服 プロンプト

こちらも『school uniform』などと併用してください(以下省略します)。

long sleeveというプロンプトで、長袖シャツを生成してくれます。

シャツの色を指定すると、長袖シャツ単体で生成される確率が高まるような気がします。

半袖の時と同様に、特に他のプロンプトを指定しないと、カーディガンやジャケットを勝手に着てしまいがちです。

Polo shirt – ポロシャツ

stable diffusion 服装 呪文

polo shirtのプロンプトを指定しても、それっぽい服装を生成してくれます。

何も指示出しをしないと、デフォルトで学校のロゴのようなものが勝手についてしまうケースが多いように思えます。

色指定をしないと、パステルカラーのようなカラーで生成される確率が比較的高いです。白やネイビーなどの定番カラーで生成したい場合は、カラーを指定しましょう。

Jacket – ジャケット

シャツやスカートなどの指定なしで『jacket』のプロンプト単体でも、このような画像が生成できます。

jacketのインナーにシャツを着て欲しい場合は、long sleeveのプロンプトを追加しましょう。

Cardigan – カーディガン

stable diffusion 服装 呪文

学生服には欠かせないカーディガンのプロンプトです。

こちらも特にシャツやスカートの指定をしなくても、しっかり学生服の雰囲気で生成してくれます。

ちなみに萌え袖にしたい場合は『overly long sleeves』のプロンプトを追加してあげると、たまに萌え袖を表現してくれます。

萌え袖 プロンプト

こちらが『overly long sleeves』を指定した画像です。数枚に一枚は上手くいく、というくらいの頻度です。

V Neck Sweater – Vネックセーター

学生服 プロンプト

『V Neck Sweater』は高確率で狙い通りの学生服を再現してくれます。

上記はいずれもネクタイやリボンなどの指定はないのですが、シャツと同様に勝手に付け足してくれたりするようです。

色の指定をしないと、なぜか茶系のカラーが多めに生成されました。勿論指定をすれば、カラーも変更可能です。

AI美女 服装 プロンプト

こちらはpinkとwhiteのプロンプトをそれぞれ指定したものですが、しっかりと狙い通りに生成されています。

Varsity Jacket – スタジャン

学生服 プロンプト

Varsity Jacket は『大学などの代表チーム』というような意味合いを持つプロンプトです。

日本ではスタジャンと呼ばれてるものを想像するのが、近しいかと思います。

school系のプロンプトと一緒に用いると、制服のアウターとして自然な感じで生成してくれます。

Tracksuit – ジャージ

学生服 プロンプト

『tracksuit』のプロンプトは、ジャージ姿のような画像を生成してくれます。

上記の左の写真を見てもらうと、某adida○のようなロゴマークが入っているので、学習に使われた形跡があります。

こういったロゴなどを消したい場合は、最近フォトショップに搭載された『生成塗りつぶし』というAIの新機能が有効です。

ロゴを消す ai

上記はPhotoshopの画面で、生成塗りつぶしをしている様子です。こちらを実行すると

ロゴを消す ai

このようにロゴ部分を削除することができました。

ついでに左胸のロゴも消してみましたが、このように生成塗りつぶし機能を使うことで、無地のジャージを再現することができました。

生成塗りつぶし機能について知りたい方は、過去にYouTubeで使用方法をお伝えしているので、こちらをご覧ください。

Sailor suit – セーラー服

学生服 プロンプト

こちらもAI美女の制服姿といえば、鉄板のセーラー服です。

『sailor suit』というプロンプトを加えれば、このような画像を高確率で生成してくれます。

High socks – ハイソックス

AI美女 服装 プロンプト

こちらは『high socks』というプロンプトを追加した画像です。

high socksのみだと、手や足が少し崩れて生成されがちですが、all bodyを加えてあげるといい感じの構図で生成してくれやすい印象があります。

「足先までは映したくないけど、少し引きの画が欲しい」という場合には、なかなかおすすめのプロンプトです。

Loafers – ローファ

制服 プロンプト

更に『loafers』というプロンプトを加えると、足元まで生成してくれる可能性が高まります。

立ちの状態だと、引きの構図になりすぎて、顔のクオリティが下がってしまうこともあるので、椅子に座らせてあげると比較的いい感じの画像が生成できます。

ソックスやローファはカラー指定してあげると、勿論その指示を再現してくれます。

学生服 プロンプト

参考までに左は紺のソックスにブラウンのローファ、右は白ソックスにブラウンのローファを指定したものです。

とても理想通りの画像が生成できています。

プロンプトは随時追記予定です

制服のプロンプトはまだまだ応用が効きます。また以下の画像についても、プロンプトをまとめていこうと思います。

学生服 プロンプト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次