AI美女『ゆっっくりな』の作り方や正体とは。AIインフルエンサーは稼げる?

ゆっっくりな 作り方

2023年は”AI美女元年”と言えるほど、画像生成AI界隈がかなり大きな話題となりました。

そして2023年の後半から2024年にかけて、AIの動画コンテンツの流行りが加速しています。

特にAIインフルエンサーとして、注目を浴びているのが『ゆっっくりな』という、こちらの女性インフルエンサーです。

ゆっっくりな 作り方

TikTokやYouTubeのフォロワーも非常に多いので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、こちらの『ゆっっくりな』さんはそもそもAIなのか、AIだとしたら作り方は真似できるのか、どのようにマネタイズしているのか、など深掘りしていきます。

目次

『ゆっっくりな』はAIなのか

本人が明言しているわけではないので、憶測にはなりますが、99%ディープフェイクで生成されたコンテンツかと思われます。

ディープフェイク(deepfake)とは、AIのディープラーニング技術を使用して、画像や動画、音声などの一部を結合させる技術です。

試しに、私がディープフェイク加工を加えた動画もご覧ください。

左側が外国人の女性が写っている動画で、その動画をディープフェイクを活用して、日本人美女の顔に変更してみました。

かなり自然に変更されているのではないでしょうか?

比較して、注意深くみていたら気づくかもしれませんが、単体かつ初見で動画を見た人は、実際の女性だと思う人も少なくないはずです。

ゆっっくりなもおそらく、このディープフェイク技術を活用して生成されています。

ゆっっくりな 作り方

サムネで使用しているように、画像でも勿論変換可能です。

上記の画像は、ディープフェイク処理のあとで、高画質化もしているので、よりクリアな画像になっています。

ディープフェイクとは、AIのディープラーニング(深層学習)技術を使用しているので、そういった意味ではゆっっくりな=AIとも言えるかと思います。

ゆっっくりなはAIじゃないという意見をみたが、なぜ?

少しややこしいのですが「AIで作った!」というと「体から声から全てをAIで作っているかどうか?」という視点で、判断する人が存在するからだと思います。個人的な解釈としては、実在する女性に対して、ディープフェイクというAI技術を活用している、くらいの位置付けになります

AIインフルエンサーって稼げるの?

ゆっっくりなは上記のように、おそらくディープフェイクを用いて作られています。

次に気になるのは「AIインフルエンサーって稼げるの?」という点かと思います。

ゆっっくりなの動画を見ていると、わずか1分程度の動画にも関わらず驚異の200万再生超えとなっています。

ノーブラかつ美女というのが引き金になっているかとは思いますが、それにしてもなかなかすごい数字です。

YouTubeの広告単価は?

YouTubeでマネタイズをしたことがない人はイメージがつきづらいかと思いますが、相場は10,000再生で大体2,000〜3,000円くらいの収益といった感じです。200万再生もされれば、この動画だけでも40〜60万円相当の広告収益があることが予測されます。

コンテンツとしては、ただ自撮りをして顔を美女に変更しているだけです。

もし読者さんが男性であれば「可愛い女性のサムネをついついクリックしてしまった….」というのは誰しもがある経験ではないでしょうか。

それほどまでに美女というのは強力なコンテンツになり得ます。アイデア次第では、誰にでも可能性があることが伝わるかと思います。

TikTokでも稼げる時代

AIインフルエンサーを用いたマネタイズ方法ですが、実は最近ではTikTokも再生数に応じて報酬を受け取れることをご存知でしょうか。

フォロワー数の基準などをクリアすれば、1再生あたり0.06円程度の報酬が支払われます。

仮に100万再生した場合、約60,000円の報酬となります。100万再生と聞くと、YouTubeを基準にすると夢のような数字に思えるかと思いますが、TikTokであれば十分可能な数字です。

参考までにゆっっくりなのTikTokをみてみると、100万越えの動画もたくさんあります。

TikTokの再生数の見方

1Mというのが、100万を表しています。100Kが10万です。

YouTubeとは異なり、リアクションのいい動画さえ投稿できれば、簡単に再生数が伸びるという特徴があります。

もちろんInstagramのリールや、YouTubeショートとも併用可能なので、そういった面でも短尺の動画は価値があります。

日本の美女は”世界的”に需要がある

稼げる要因のもう一つに、日本人だけではなく世界中の人々に届けられる、という+αもあります。

日本のAVが世界的にも人気であることは有名かと思いますが、日本人女性というのは世界的に見てもかなり人気があります。

そのため、視聴者が日本人だけではなく、世界の人々に広がるので、視聴回数もとても伸びやすいという特徴があります。

投稿された動画のコメントを見てみると、DEEPFAKEで生成されていることに気づいていない人がほとんどです。普段日本人を見ている我々からすると、若干の違和感を感じることもありますが、特に外国の方は気づいていない人が非常に多いように思えます。

また、日本人のコメントの中にも「DEEPFAKEとわかっているが、これでも問題ない」という人も沢山見受けられます。

DEEPFAKE技術は、今後も向上することが予想されるので、こういった流れもより加速することが予測できます。

具体的にどのように動画を作っているのか

それでは稼ぎ方がわかったところで、ディープフェイク動画の作り方についてみていきましょう。

こちらの動画のように元々の動画があって、顔のみを差し替えています。

ディープフェイク技術は以前までは

  1. 何十万もする”高スペックのPC”がないと生成できない
  2. “専門的な技術”を持った人しか生成できない
  3. そういった人たちでも”生成に時間”がかかる

など、あらゆる問題があり、一般の人々には馴染みのない手法でした。

しかし、現在ではAI技術やツールが発達したので、PCと知識さえあれば誰でも操ることができるようになりました。

StableDiffusionを用いた、ディープフェイク加工なども話題ですが、そちらも難易度が少し高いなど欠点があります。

上記のような動画を生成するための作り方や、更なるマネタイズ方法について、Tipsの記事で詳細をまとめたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

2024年はAIインフルエンサーの年になる

日本ではまだまだ浸透していませんが、世界をみてみると、既にAIのインフルエンサーが活躍している事例がいくつもあります。

AIインフルエンサー

Aitana LopezというAIインフルエンサーもかなり有名ですが、Instagramを見ていただければわかる通り、しっかりとブランディングをされています。

このようにアイデアと技術と、しっかりとしたブランディングがあれば、ディープフェイクを活用して、さまざまなチャンスがあります。

YouTubeを想像していただければわかりやすいのですが、古くから始めた人は登録者数を増やすのもとても簡単でした。しかし、参入者が増えてからは、例えば芸能人が動画を投稿したとしても、なかなか登録者数・視聴数が伸びない、という事態になっています。

まさにDeepfakeは、YouTubeの初期段階のようなフェーズです。

今ならまだまだ先行者利益を得られるチャンスがあるので、気になる方はぜひこちらのTipsをご覧になってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次